和歌山県橋本市の株式会社OBMが行う清掃メンテナンス・管理事業のイメージ

シロアリ・飛来害虫駆除

飛来害虫防除

飛来害虫防除維持システム

4週間顧問料金
¥2,940(税込)

シロアリ・飛来害虫駆除

ハード

自動巻取り式捕獲器設置/1台効果範囲150㎡(約15坪)

特殊誘引ランプと捕獲粘着テープが自動的に1日4cmずつ巻き取られる。
1ヶ月仕様の飛翔昆虫捕獲器で店内の飛来害虫を捕獲し続けます。

ソフト

飛来害虫の発生場所である浄化槽や側溝、雨水ますなどに、人体に安全かつ環境に優しい脱皮阻害剤などで根源から発生を防ぎ続けます。

定期管理

4週間毎の調査に基づき発生場所処理の継続、捕獲器内の粘着シート、カートリッジ交換、誘引ランプなどの点検により環境衛生を守り続けます。

シロアリ駆除【5年保証付】

シロアリ駆除、シロアリの生態、薬剤駆除の方法、なぜシロアリが発生するのか?など、家の土台を食いつぶしてしまうシロアリをどうしたら予防できるのか、またシロアリが発生したときの対処法などを詳しく説明させていただきます。

しっかりとした説明を行うことで、お客様に不安なく、安心してご依頼いただけるよう努めております。
大切な建物がシロアリの被害にあう前にまずはお気軽にご相談ください。

シロアリの生態

シロアリが住み着きやすい言えのイメージ
シロアリは体長5ミリ程の大きさで暗くて湿気のあるところが大好きです。 これはなぜかというとシロアリの肌は乾燥しやすく、熱に弱いため暗くて温度が低く湿気の多い場所を好むのです。 シロアリは木材しか食べないのですが、新聞紙や雑誌、発泡スチロールなどもかじれる物があればかじり尽くしてしまう事が分かっています。 シロアリの繁殖時期は4~7月の春から初夏にかけて行われます。 女王アリは羽根アリ(この時期だけシロアリは羽根アリとして生活しています。 見た目も白ではなく黒いです。)となり次の巣を見つけるために飛び立つのです。 この時期に羽根アリとして目撃し自分の家がシロアリの被害にあっていることを知ることもあります。 逆にシロアリの発見はこの時期に羽根アリを見る事でしかほぼ発見できないといっても良いと思います。

シロアリの被害

シロアリは家に食害を与える生き物です。すぐに見つけることで対応できるのですがそうもいきません。
シロアリの被害に気が付くのは木材を食べられている家の柱などを見つけたときです。
家の中で一番多い生息場所は基本的には床下に生息し、トイレ、風呂場、台所、外壁などに多く生息するようです。シロアリが食べた木材は無くなってしまうのではなく、無数の穴が空いた状態になります。
これはシロアリが木材の軟らかいところだけを好んで食べることからこの様な状態になるのです。
柱などがこの状態になっているときはシロアリの被害に遭っている証拠です。

また、シロアリは食べる木材が無くなると移動を開始します。
基本的に床下など暗いところを移動するので見つけるのは困難な作業になります。
畳などを開けて見られるのであれば一回見てみることが重要です。
主に発見されるときはリフォーム時などに見つけられるケースが一番多いようです。
それだけシロアリは目に付かないところで生活しているのです。

シロアリ・飛来害虫駆除

シロアリの有翅虫の目撃または多数の翅の目撃

床がぶかぶかする

柱を叩くと空洞音がする

浴室の敷居が腐っている

床下で蟻道を見つけた

シロアリ被害は、目に見え難いところで進行しますので気付くことが出来ません。
「最近なぜか、室内や屋外で虫が多く飛んでくるなぁー。」と感じた場合、飛んでいる虫を良く観察して見てください。羽蟻かも知れません。
また、床が歩くとぶかぶかしていたり、浴室の敷居が腐ってきているなどありませんか。
シロアリの仕業かもしれません。
気になる事があればまずは専門の業者に相談してみる事をおすすめします。

 
シロアリ・飛来害虫駆除