和歌山県橋本市の株式会社OBMが行うエコ事業のイメージ

熱制御塗料プロツバルⅦ

熱制御塗料プロツバルⅦとは?

屋根や外壁に塗装することで太陽熱を反射、遮断して建物内部の温度上昇を防ぐ、
環境にやさしい、省エネルギー型の屋根・外壁用熱制御塗料です。

プロツバルⅦの優位性

従来型水性塗料は水に溶けやすい樹脂分を選択し、水分の乾燥により生成する塗膜は軟弱な結合によって形成されました。
プロツバルⅦは選ばれたアクリルシリコン樹脂の採用により、水の蒸発と共に樹脂成分が互いに接近、手を結び、新たに強力な塗膜を作って行きます。塗膜表面 から内部に至るまで、均質で安定した塗膜を実現する唯一の技術です。特殊顔料とセラミックバルーンにより熱制御性を高めています。プロツバルⅦは屋根、外壁に塗装でき、防汚性能も高く雨が降れば汚れも流れ落ち、長期間に渡り建物を保護し、耐久性能を維持します。もちろん人体に有害な物質を一切含んでおらず、高い安全性と環境にも配慮しています。
エアコンの使用率も低減しますので、地球に優しく経済的です。

プロツバルの効果を体現するイメージ画像

 高い熱制御性能

高遮熱性の特殊顔料で太陽光を反射しセラミックバルーンにより熱を伝えません。
ふたつの効果で熱暑を防ぎ、建物内部の温度上昇を緩和します。冷房用エネルギーを節約します。
また、塗装中無臭は勿論のこと、雨水で流出する成分がほとんどない「環境にやさしい」塗料です。

 長期に渡る耐久性能と防汚性能

水分の乾燥とともにアクリルシリコン樹脂が次々と手をつなぎ、強力な塗膜を作ります。
従来型遮熱塗料は、塗膜表面が汚れや劣化により、性能が落ちることが懸念されていましたが、防汚性能の高いプロツバルⅦ(new)は、高遮熱性顔料をがっちりキープし、長期間建物を保護し、美しい外観を保つとともに、長期間にわたりその性能を維持します。

熱制御塗料プロツバルⅦ

太陽熱対策の基本

一般塗料
太陽光が屋根にあたり、熱になって室内に伝わります。

反射(遮熱)塗料
太陽光の多くは反射されていますが、一部は熱になって室内に伝わります。

反射・断熱塗料
塗装表面の熱を断熱セラミックスの働きで室内に入れません。

多彩なカラー提供

プロツバルⅦは反射性能の高い顔料の組み合わせによるグレーを使用することで可視光域で高い反射率(70%)を実現することができます。

効果の持続

遮熱、断熱性能を追求し、セラミックビーズ等を添加した塗料は存在しますが、自動車排ガスなどで汚れてしまっては効果はありません。
プロツバルⅦは樹脂とセラミックなどピグメントの絶妙なバランスで構成することにより、汚れによる遮熱性能の低下を解決しました。

プロツバルⅦは未塗装壁との比較実験により、
最大でおよそ【20℃】室内に温度差が出るという実験結果が出ている。
下記pdfが実験結果の一部である。

プロツバル Ⅶ 屋根表面温度

プロツバル Ⅶ エコクリーン屋上 講習写真

プロツバル Ⅶ Q&A

PDFデータをご覧いただくには「Adobe AcrobatReader」が必要です。(無償)
※「Adobe AcrobatReader」のダウンロードはこちらから。
※ Acrobat Readerは、米国アドビシステムズ社の商標です。

 
熱制御塗料プロツバルⅦ