和歌山県橋本市の株式会社OBMが行うエコ事業のイメージ

CO2と電気代削減の省エネシステム I.B. -IONASU BORAD-

 

I.B. -IONASU BORAD- について

省エネシステムであるI.B.は、主にスーパーマーケットなどで使用される冷凍機を対象とし、
電力コストの削減とエコ対策で地球温暖化防止を推進しています。
特徴としては、CO2の削減電気代の削減は勿論のこと、商品や管理者にもやさしく、圧縮機に悪影響を与えることもありません

電気料金のしくみと最大デマンド

電気料金の仕組みと最大デマンドの図
電気料金は、【使用電力料金】+【基本料金】で算出されます。その内、基本料金は契約電力で決定され、元となる契約電力は過去1年間の最大需要電力(最大デマンド)で決定されます。

電気料金のしくみと最大デマンド

電気料金は、【使用電力料金】+【基本料金】で算出されます。
 
その内、基本料金は契約電力で決定され、
元となる契約電力は過去1年間の最大需要電力(最大デマンド)で決定されます。

I.B. -IONASU BORAD-

電気料金を下げるしくみ

昼はデマンドを下げるため、
省エネ運転に切り替えて連続運転を抑制
 
夜は消費電力を下げるため
停止時間を延ばして運転ロスを改善
 
 
これによりデマンドと消費電力を削減することができる!!

和歌山県橋本市の株式会社OBMで電気料金を削減する仕組み

CO2削減について

I.B.には2つのメータがついています。このメータ数値から、圧縮機の省エネ時間が正確に算出できます(特許第4383965号)
省エネ時間に圧縮機の容量とCO2排出係数を算出することでCO2削減量がわかります。
また、CO2排出係数のかわりに、電力料金単価を算出すれば、削減金額がわかります。

デマンド契約について

デマンドとは30分間に使用する電気使用量の平均値のことです。
このうち、1年間における最高値を最大デマンドと言い、この値が節約電力となります。
基本料金はこの値によって決定されています。
※デマンド契約:高圧受電で契約電力が500kW未満の比較的大きな施設が対象となります。

制御中の温度変化について

<空調機>インバータ機の制御において、I.B.は圧縮機を無理に停止させず、出力(能力)を下げる運転をおこなわせます。
これにより温度変化の少ない制御ができます。
<冷凍機>ケースや庫内が十分冷却されると圧縮機が停止します。I.B.はこの停止時間を延長します。
もともと十分に冷却されている為、停止時間を延長しても温度変化がわずかですので、商品にはまったく影響を与えません。

設置工事に有する時間

1台あたりの取り付け時間は30分程度で、そのうち15分間程度スイッチを切らせていただきます。
個別に設置していくので営業時間中であっても停電内で設置が可能です。

空調機・冷凍機には悪影響を与えません

1台あたりの取り付け時間は30分程度で、そのうち15分間程度スイッチを切らせていただきます。
個別に設置していくので営業時間中であっても停電内で設置が可能です。

I.B. -IONASU BORAD-

1.現地調査

 取り付けの可否を判断致します。

I.B. -IONASU BORAD-

2.お見積り・省エネ効果の提案

 お客様にI.B.導入のご検討をして頂きます。

I.B. -IONASU BORAD-

3.取付工事

 正常に動作しているかをチェック致します。

I.B. -IONASU BORAD-

4.メータ検針

 お客様には、当社からご用意致します、専用用紙にメータの数値を明記して、メールまたはFAXで送信して頂きます。

I.B. -IONASU BORAD-

5.省エネレポート作成

 メータ検針から1週間程度でご報告致します。

I.B. -IONASU BORAD-
 
I.B. -IONASU BORAD-